6月19日 東京までサイクリング決行しました。

 2009-06-20
予定どうり6月19日つかの間の梅雨の晴れ間、待ちに待った「東京サイクリング」を決行しました。
朝気合で四時半起床、六時に出発です。以下写真によるサイクリング報告。
GPS軌跡画像と記事はHP版「サイクリング諸々日記」を参照下さい。

先ずは出発の朝、こんな感じです。セルフタイマーで撮影
          09-6-19-1.jpg

石橋の北関東高速道の手前、定番ロード
          CIMG2723.jpg

姿川沿いの農道を南下する
          CIMG2724.jpg

姿川の「御使者橋」
          CIMG2725.jpg

天平の丘公園から「琵琶塚古墳」前、ポピーのお花畑はもう終わり。次は何の花かな
          CIMG2726.jpg

思川の「黒本橋」を右岸へ渡ります、右岸沿いのロードは荒れ放題なので、少し行ってから一般道で南下します
          CIMG2727.jpg

一般道から「島田橋」で思川の右岸堰堤遊歩道に入ります
          CIMG2728.jpg

小山の「観晃橋」ここから左岸(向こうの小山駅側)に渡って川沿いの遊歩道に入る。(右岸の堰堤道路は白鳳大学で行き止まり)、ここからは筆者始めてのロードです。
          CIMG2729.jpg

「小山大橋」で遊歩道は行き止まり、ここから一度一般道に出て、直ぐに「小山清掃センター」の脇から思川左岸遊歩道に戻る
          CIMG2730.jpg

網戸大橋を越えて
          CIMG2731.jpg

思川左岸ロードをどんどん南下します
          CIMG2732.jpg

途中「乙女大橋」で右岸へ渡ります、
          CIMG2733.jpg

遠くに渡良瀬遊水地の北の入口の象徴「松原大橋」が見えてきました
          CIMG2734.jpg

「松原大橋」に到着、ここまで38.4km。
          CIMG2735.jpg

橋を左岸に渡り、少し国道4号線を走ってから直ぐに左岸ロードに戻ります
          CIMG2738.jpg

最初は川原の遊歩道の感じ
          CIMG2739.jpg

やがて堰堤道路
          CIMG2742.jpg

渡良瀬遊水地の南端「三国橋」ここから正式な「渡良瀬川サイクリングロード」の起点
          CIMG2744.jpg

左岸ロードを南下する
          CIMG2745.jpg

JR東北線と国道の「利根川橋」、「古河城本丸跡」ええ何処に???
          CIMG2747.jpg

「海から132km」、これは「利根川」河口銚子からの距離
          CIMG2748.jpg

JR新幹線の鉄橋(多分)が近づいてきました。
          CIMG2749.jpg

列車から見れる用に大きな「利根川」の電光看板
          CIMG2750.jpg

「新利根川橋」を越えると右岸になにやら「お城の城郭」
          CIMG2751.jpg

この辺から所々に立派な休憩場が設置されています
          CIMG2753.jpg

利根川と江戸川の分岐を過ぎると「境大橋」これを右岸に渡ります
          CIMG2754.jpg

利根川の右岸を少し上流へ戻ると、先ほどのお城、実は「千葉県関宿城博物館」です
          CIMG2758.jpg

14年前に昔の「関宿城」を再現建築して中は博物館、詳細はこちらのHP参照「関宿城」クリック
          CIMG2759.jpg

ここからは「江戸川左岸サイクリングロード」、昔の治水「棒出し」の解説
          CIMG2762.jpg

「海から51.25km」の看板。これは江戸川の河口からの距離、この後ひたすらこの距離が短くなるのを楽しみにして走ります
          CIMG2764.jpg

途中「グライダー」の滑走路
          CIMG2765.jpg

「グライダー格納庫」、筆者10年くらい前に「オーストラリヤ」で2度程乗った事がある
          CIMG2766.jpg

グライダー滑走路に沿って、延々と続く「サイクリングロード」
          CIMG2767.jpg

幾つも「橋」を渡る、覚え切れない
          CIMG2768.jpg

「野田橋」か
          CIMG2769.jpg

途中、奇妙な「お城」やや小ぶりだけれどちゃんと「お堀」と「橋」「天守閣」なんだろう。個人の家かな
          CIMG2770.jpg

「海から35.25km」だいぶ来たな
          CIMG2772.jpg

どんどん南下する
          CIMG2773.jpg

「海から30km」新葛飾橋が海から約10数kmだから、新葛飾橋まであと15km位か
          CIMG2774.jpg

もう「何橋」だか分らない、写真撮影したときは覚えていたのに
          CIMG2775.jpg

この辺から「エコロードマップ」の看板で現在地が確認できる
          CIMG2776.jpg

どんどん南下する、もうじきだ
          CIMG2777.jpg

ここにも看板と休憩場、休憩場へ来ると休みたくなる
          CIMG2779.jpg

正面「**橋」
          CIMG2780.jpg

三本ある「葛飾橋」は街道の横断歩道を信号待ちして渡る、「新葛飾橋」は直ぐそこに近づいて来た
          CIMG2782.jpg

一度橋下を潜ってから戻ると、やっと「新葛飾橋」に到着、ここから「国道6号線」通称「水戸街道」で都心に入る
          CIMG2783.jpg

「水戸街道」、車道はとても走れないので「歩道」を走る。車道走れるのはプロの「メッセンジャー」達だけ、ここから南に寅さんの葛飾柴又「帝釈天」と「矢切の渡し」が近い
          CIMG2785.jpg

歩道に「センターライン」親切、しかしこの付近だけでした
          CIMG2786.jpg

「中川」を渡ります
          CIMG2787.jpg
         
荒川に掛かる「四つ木橋」を渡ります
          CIMG2789.jpg

次に「隅田川」の「言問橋」を渡ります
          CIMG2790.jpg

「言問橋」から下流、花火大会はこの辺かな?、これを渡ると「浅草」で「隅田川公園」に大勢の外国人観光客が居ました。
          CIMG2791.jpg

東武線「浅草駅」
          CIMG2792.jpg

水道橋の「後楽園」、ここの「ジェットコースター」は凄い、近くの「ビル」の屋上まで駆け登ってしまう
          CIMG2794.jpg

新宿区早稲田の実家へやっと到着です、都心に入ってから予想以上に物凄く時間が掛かった。走行距離は127kmと当初計画より長かった。
          CIMG2795.jpg

実家はこの四階建てビルの三階部分(窓が開いている階)です。
          CIMG2805.jpg

今後はMTBをここに置いておくので、東京滞在中は都内のポタリングが楽しめる。先ずはお台場の「都立潮風公園」へ建造中の実物大(身長18m)の「機動戦士ガンダム」ここをクリック、を見に行きたい。その時はこのブログにアップします。
長いサイクリングフォトレポートを見て頂き有難うございました。


スポンサーサイト
タグ :

11月17日 マップホルダー作りました。

 2009-06-17
梅雨に入ってから天候不順と私的な用事や通院が重なり6/2日以降長距離サイクリングが全く出来ません(泣き)。
でもでも、今週の金曜日は今のところ「晴れ」予報。予報どうりなら東京までのサイクリングを決行予定です。

東京の実家にサイクリングで運搬する「スペシャライズトのMTB」。「タイヤ」は街乗り用に「26×1.25インチ」の「MAXXIS-スリックタイヤ」に履き替えています。
リャーに「TOPEAK」の「シートポストビームラック」に「バニヤタイプのトランクバック」を付けました。
         CIMG2718.jpg

そして、とにかく暇なので、「フロント・マップホルダー」を作り、取付けしました。
         CIMG2711.jpg

真中は「GARMINのGPS」(マップ画面付き)、手前のトップチューブバックには、ラジオとスピーカーを入れてあります。ラジオ聞きながらポタリングが出来ます。しかしこれ良し悪しです、後ろからの車の接近音や自然の風の音や鳥のさえずりが聞こえなくなる。そう休憩の時に限定しますか。
         CIMG2716.jpg

この「マップホルダー」は「フロントバック」用の「フィクサー」(ワンタッチ脱着具)を利用して「アルミプレート」を写真のように「フィクサー」にボルト留めして作りました。「マップケース」は「フロントバック」用のもの。
初めての「ツーリングルート」では「GPS」と「紙マップ」が威力を発揮します。
         CIMG2712.jpg
タグ :

6月11日 宇都宮-東京へのサイクリング計画

 2009-06-11
宇都宮の自家から東京新宿の実家までのサイクリングのルート設定しました。
実は東京の実家をリフォームしたので、今後滞在が多くなる。その際東京中をサイクリングする為に自転車を置いておきたい。よって現在あまり乗らなくなった「スペシャのMTB」を運搬を兼ねて東京までサイクリングで行く計画を立てました。天候良ければ来週決行します。
幹線道路を極力外して、河川のサイクリングロードを中心に設定しました。距離は110kmです。
 ピンク色のラインが計画ルート   
   CIMG2701.jpg

 宇都宮市の自宅から「姿川」沿いで「天平の丘公園」へ、ここから「小山」へ行き。「思川」沿いで「渡良瀬遊水地」に入る。    
   CIMG2702.jpg

 「渡良瀬川サイクリングロード」を南下して「利根川サイクリングロード」に合流、これを南下して「境大橋」から「江戸川サイクリングロード」に入る。サイクリンク゜ロードは右岸と左岸の両方にあるが、今回は素直に左岸ルートを予定。これをひたすらに南下する事約50km。
   CIMG2703.jpg
    
 「新葛飾橋」で江戸川に別れて、「水戸街道」で都心に入る。「神田」-「飯田橋」-「新宿早稲田」の実家に到着するルートです。
 尚、江戸川サイクリングロードはさらに下流の河口まで続いている。利根川の上流群馬県「渋川」から始まり下流の「銚子」迄、又江戸川に入れば河口の「東京ディズニーランド」迄サイクリングロードで行ける。
   CIMG2704.jpg
 自宅ー渡良瀬川サイクリングロード入口迄=約36km
 渡良瀬川ー利根川ー江戸川サイクリングロード合計=約56km
 新葛飾橋ー新宿早稲田迄=約18kmで合計=約110km
タグ :

6月2日 再再度「栃木県那珂川町」へサイクリング

 2009-06-03
6月2日 再再度「栃木県那珂川町」へサイクリングに行きました。これで三回目になる。
野を越え山を越えて---じゃ無くて、丘陵を幾つも登って下ってやっとたどり着く町、何か充実感のある町です。
ここは「まほろばの湯」がある。「まほろば」とは、周囲を山々で囲まれた、「素晴らしい場所」「住みやすい場所」という意味の古い日本語で、那珂川町にピッタリの呼称。
川沿いの「まほろばキャンプ場」で写真を撮ろうと思ったら肝心の「デジカメ」を忘れた。写りの悪い「携帯電話カメラ」で撮影です。いやいや本当に色合い等の写りが悪かった。
那珂川町の直ぐ北側は大田原市湯津上地区、ここの神仏混交のお寺「法輪寺」がある。ここから引き返しました。往復115kmのサイクリングでした。

   箒川沿いの「まほろばキャンプ場入口」、ここは車が入れる裏側入口
            090602-134454.jpg

   「キャンプ場」案内カンバン、表側入口(街道側)に管理棟がある
            090602-132556.jpg

   共同炊事場から「オートキャンプ場」方向、収容数は少ないが川沿いで明るい
            090602-133124.jpg

   「テントキャンプ場」8張り位い、シーズン中は予約必携かも
            090602-133238.jpg

   「オートキャンプ場」こちらも収容数8ヶ所でシーズン中は予約必携
            090602-1332161.jpg

   キャンプ場から箒川を見る。キャンプ場は川より一段高台で増水でも安心
            090602-133249.jpg

   神仏混交の「法輪寺」次回ゆっくり見学したい
            090602-135823.jpg

   正式には「光丸山法輪寺」案内説明版   
            090602-135756.jpg

   直ぐ脇を流れる川に「法輪寺一の鳥居」
            090602-135327.jpg

   この北方に「二の鳥居、三の鳥居と奥の院」があるとか、次回ゆっくり見学
            090602-135425.jpg

   毎度筆者(ブログ管理人)の不細工な顔写真ですみません。
            090602-135525.jpg

   このサイクリング記事とGPSによる走行軌跡はHP版「サイクリング諸々日記」参照(ここクリック)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫