日本一周折返しの自転車旅準備中

 2012-09-22
日本一周折返しの自転車旅に来月出発の準備中。本当はもっと早く出発したかったが、10月12日に人間ドック検診の予約があり、更に歯の治療がまだ続いている(現在仮歯状態)。以上の諸々が済んでから天候(台風の動向)を見て出発します。
現在は装備の見直し、机上でルート設定中。今回も四国の太平洋側から徳島へかなりのアップダウンと峠越えルートなので極力軽量装備をと思って準備しているが、準備している間に段々重く成る。
自転車は信頼の旅自転車クロモリ「JAMIS号」。バッグはリャーのみでオルトリーブ30L。前回(北海道)ではバックパックにかなり背負って苦しかったので反省で、今回はほとんど背負わない小さなバッグとした。その代わりにリャーバッグの上に13Lの防水パックに溢れた荷物を収納して括りつける。
キャリャカートも重量1kgの軽量カート(耐荷重30kg)を新規に導入。

積載して見ました。
IMG_20120921_123032.jpg

後ろから(緑の袋が防水パック)
IMG_20120921_123114.jpg

キャリャカートに積んで見ました。30Lのオルトリーブはこのように積載できる。40Lのフロントローラーは形状からキャリャに積載困難。(カート含み総重量18kg 輪行セット除く)
IMG_20120921_112102.jpg

スポンサーサイト
カテゴリ :自転車旅の装備と準備全般 トラックバック(-) コメント(2)
タグ :

次の旅の計画

 2012-09-10
次回はいよいよ日本一周の後半の旅を開始します。
予定
その一 (新幹線)鹿児島ー宮城ー大分ー愛媛ー高知ー徳島(フェリー東京ー宇都宮)----10月
その二 (新幹線)岡山ー小豆島ー香川ー愛媛ーしまなみ海道ー尾道ー広島(新幹線)---11月
その三 (新幹線)尾道ー岡山ー兵庫ー大阪ー京都ー名古屋ー東京ーーー(新幹線)----来年春

今迄の自転車旅Map
DSC_0176-t-640.jpg



カテゴリ :自転車旅の装備と準備全般 トラックバック(-) コメント(4)
タグ :

ヨーロッパ5000km-100日間走行のcyclooさんが帰ってきました。

 2012-09-09
凄いヨーロッパ横断5000km、100日間の自転車旅を無事完走したブログ仲間cyclooさんが帰って来ました。
私と2歳違いの定年組サイクリストです。定年後毎年ヨーロッパキャンプツーリングに行かれています。
日本一周旅が終わったら、いつか自分もと考えているので、このcyciooさんのブログがとても参考に成ります。
ブログはこちら
ヨーロッパ自転車のんびり旅
カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(2)
タグ :

北海道(函館ー江差ー積丹ー小樽ー札幌)自転車旅 まとめ

 2012-09-05
北海道(函館ー江差ー積丹ー小樽ー札幌)自転車旅のまとめ。

    行程              天気      走行               宿泊場 
8月25日ー宇都宮ー「北斗星」         
8月26日ー函館ー知内       曇りー晴れ  57km               知内農村公園キャンプ場
8月27日ー知内ー上ノ国      晴れ(暑い)  86km               民宿 幸村荘
8月28日ー上ノ国ー江差ー大成  快晴(暑い)  73km              大成野営場 
8月29日ー大成ー島牧       曇りー晴れ   83km              民宿 ヤンサ
8月30日ー島牧ー泊         快晴(暑い) 101km(忘れ物で引き返す)  泊国民宿舎もいわ荘
8月31日ー泊ー積丹町野塚     曇り      43km              野塚キャンプ場
9月 1日ー野塚ー小樽       曇りー晴れ   61km              ビジネスホテル
9月 2日ー小樽ー札幌        晴れ      40km               旅館 芙蓉館
9月 3日ー札幌            晴れ       23km
9月 4日ー「北斗星」宇都宮     (走行合計 568km)

所感
今回の函館ー札幌旅で日本縦断自転車旅(宗谷岬ー佐多岬)の空白区間が埋まりました。残るは鹿児島ー四国ー東京間を走ると日本一周に成ります。
今度の「渡島半島ー積丹半島」の日本海ルートは従来の北海道の景色とは異質な荒々しい海岸と数えきれないトンネルの連続(地図上で数えて70カ所)にアップダウンと峠越えと物凄く変化に富んだルートでした。
キャンプ場が少ないので民宿や国民宿舎などで宿泊して地場の美味しい料理も頂いた。
総走行距離(含む札幌市内見学)568kmと少ない割には中身の濃い自転車旅でした。そしてこの時期北海道としては異常な暑さの中での峠とアップダウンでかなり疲れた旅でもありました。

追記ー渡島半島と積丹半島のトンネルは全て旧道の極狭のトンネルが広いトンネルに造り替えられた。但し渡島半島のトンネルは歩道がほとんど無い。それでも通行車両が少ないので安心して走行できる。積丹半島は車両走行が比較的多いが、トンネルは広い歩道が有り安全。

走行GPS軌跡(カシミール)

2012-8-26-9-3hakodate-sapporo-640.jpg

カテゴリ :2012-8月北海道(函館ー江差ー札幌) トラックバック(-) コメント(3)
タグ :

北海道(函館ー札幌)自転車旅 8月26日 函館ー知内

 2012-09-03
6時35分 函館に到着しました。


準備完了


国道228号線で函館湾をぐるり半周、遠く函館山




薄日曇りで暑くなく、涼しい。

木古内サラキ岬、あの感臨沈没のち地






木古内通過




知内道の駅、知内は北島三郎のふるさと




JR知内駅、ここは青函トンネルの出口。


今日は早めにここまで、函館から56km,
少し手前に農村公園キャンプ場がある。どうしょうか。

結局戻ってキャンプ場で設営




早めの晩酌と夕食。

本日 天候 曇りー晴れ 走行距離 57km

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村
カテゴリ :2012-8月北海道(函館ー江差ー札幌) トラックバック(-) コメント(2)
タグ :

北海道(函館ー札幌)自転車旅 8月27日 知内ー上ノ国

 2012-09-03
お早うございます。寝たのが早いと起きるのも早い。まだ真っ暗。取り敢えず撤収。


道の駅まで走り、ここで朝食、天気快晴。


青函トンネルの出口




途中軽装の旅人と会話


初トンネル通過、福島峠


峠を下ると千代の富士のふるさと福島町


記念館


ここでニュージーランドからママチャリで北海道一周の夫婦と会話


ここからまた海岸沿い


白神岬、向かいは龍飛崎




松前に来ました。道の駅。




アップダウンの連続が始まる。


上ノ国町に入りました。


アップダウンの連続、やっと目的の民宿に着きました。


入浴後、ご馳走です。


夕日が目の前。


本日 天候 晴れ 暑い 走行距離 86km

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村
カテゴリ :2012-8月北海道(函館ー江差ー札幌) トラックバック(-) コメント(1)
タグ :

北海道(函館ー札幌)自転車旅 8月28日 上ノ国ー大成

 2012-09-03
おはようございます。今日も快晴


朝食


出発します。


丘を登ると道の駅もんじゅ


遠く江差の町


上ノ国市街を通過して正面の江差までフラットな道


江差の街、遠く開陽丸




開陽丸見学






自分撮り




江差の街




漁港と漁村の連続


途中、親子熊岩




トンネルの連続


予定のキャンプ場入口


設営


隣の温泉施設へ、ビール美味しい。



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村
カテゴリ :2012-8月北海道(函館ー江差ー札幌) トラックバック(-) コメント(4)
タグ :

北海道(函館ー札幌)自転車旅 8月29日 大成ー島牧

 2012-09-03
出発します。今日は峠超えです。


峠の登り、今日は曇りで涼しくて良かった。


峠のトンネル、これを通過すると後は下り坂


再び海岸、瀬棚を通過。三本杉岩。


蝦夷の親知らず


窓岩


獅子岩




白糸岬と白糸の滝






道の駅よってけ島牧、レストランは終了。早すぎ。


結局少し戻って民宿に入りました。




にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村
カテゴリ :2012-8月北海道(函館ー江差ー札幌) トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

北海道(函館ー札幌)自転車旅 8月30日 島牧ー泊の

 2012-09-03
今日も快晴予報


日本海、今日は南風の追い風で楽チン。






弁慶岬に来ました。








ソーランライン




いよいよ長距離トンネル区間。
刀掛トンネル




雷電岬の刀掛岩


そして、最長3750米の雷電トンネル




岩内の街を通過して、泣く子も黙る泊原発の入口。


幾つかトンネルを通過して、泣く子も喜ぶ泊国民宿舎もいわ荘に来ました。


早速




にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村
カテゴリ :2012-8月北海道(函館ー江差ー札幌) トラックバック(-) コメント(4)
タグ :

北海道(函館ー札幌)自転車旅 8月31日 泊ー野塚

 2012-09-03
お早うございます。今日は朝曇り
今日は積丹半島の先端にある野塚野営場までの半日行程でのんびり積丹ブルーの景観を楽しみます。
(今日まで頑張った分のご褒美)



出発


弁天島




新道


窓岩




積丹ブルーの海


神威岬が見えてきた。




神威岬に来ました。




途中の見学道が崩れて岬先端に行けません。

神威岬をバックに自分撮り


イクラウニ丼(高い)


野塚キャンプ場に着きました。








今日の目玉はホタテです。




そして夕陽


夕焼け




にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村
カテゴリ :2012-8月北海道(函館ー江差ー札幌) トラックバック(-) コメント(2)
タグ :

北海道(函館ー札幌)自転車旅 9月1日 野塚ー小樽

 2012-09-03
多くのコメント有り難うございます。

今日は終日曇りで涼しく丁度よい。
既に出発しています。直ぐに海沿いを離れて内陸へ、そして100mの丘陵登りでした。


じわじわと登って170m ,ここから下り。


一気に下って美国の街、


海岸キャンプ、北海道の人はキャンプ好き。


豊浜トンネル入口のセタカムイの岩




そして平成8年2月に起きた豊浜トンネル崩落事故の20名の慰霊碑が有ります。
この崩落事故のトンネルは一キロほど余市側の旧道のトンネルで現在行く事が出来ない。短い三本のトンネルの一つ。新豊浜トンネルは三本のトンネルの山側に一本で通過しています。




現在の新豊浜トンネル入口


余市に入りました。


ローソク岩


出足平峠超えて、余市の街に来ました。
余市宇宙記念館




ニッカウイスキー


余市から晴れて暑い中、結構100m級のアップダウンで参った。やっと小樽駅到着


その後宿泊ホテル探し、2ヵ所満室、3ヵ所目やっとカプセル部屋が空いていた、でもお風呂は大浴場温泉(駅近くに民宿、RH無し)。その後居酒屋でやっとビール。



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村
カテゴリ :2012-8月北海道(函館ー江差ー札幌) トラックバック(-) コメント(2)
タグ :

北海道(函館ー札幌)自転車旅 9月2日 小樽ー札幌

 2012-09-03
お早うございます。
今日の予定。ホテル朝食後、ヤマト宅急便で不要荷物の送付。裕次郎記念館(ヤマト営業所の近く)
運河他見学。午後から札幌へ走ります。
今日の札幌宿泊旅館取れた。いつもの芙蓉館
そして明日帰りの北斗星寝台券もGet










小樽運河




石原裕次郎記念館に来ました。
実は若い頃初めての海外ヨーロッパ登山に行く途中、アラスカのアンカレッジで給油の為乗客全員が一時機外へ待機(この当時はヨーロッパ便は北極回り)、この時なんと石原裕次郎に会いました(と言うか至近距離で見た)乗客全員取り囲みサインを求めていました。物凄いオーラを感じた。






館内見学(撮影禁止)の後ビール、外はヨットハーバー。


札幌駅に着きました。南口はビヤガーデン


旅館ー芙蓉館に到着。



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村
カテゴリ :2012-8月北海道(函館ー江差ー札幌) トラックバック(-) コメント(2)
タグ :

北海道(函館ー札幌)自転車旅 9月3日 札幌

 2012-09-03
お早うございます。
今日の夕方まで札幌見学。北大クラーク像や旧北海道庁、時計台は昨年見学済みなので、少し遠くへ。


中島公園


重要文化財、豊平館


旭山記念公園に来ました。


展望台から札幌市全景




円山動物園に来ました。












札幌駅


以上で北海道(函館ー江差ー積丹ー小樽ー札幌)自転車旅の記録を終わります。


にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村
カテゴリ :2012-8月北海道(函館ー江差ー札幌) トラックバック(-) コメント(4)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫