小来川へサイクリング

 2015-10-31
久し振りに定番コースの小来川へサイクリングに行きました。


文挟の橋、新しい橋建設中。


東武線下小代駅


登録有形文化財の旧駅舎






行川沿いに北上、定番の休み場の材木工場


途中 男体山


ここから峠登り。


途中道路半壊





途中 キャンプ場




小来川の部落に到着。


黒川神社前。


昼食、お湯沸かしてコーヒー。最近購入の「JETBOIL」一瞬でお湯が沸く。


黒川渓谷沿いに。


渓谷美を見ながら快適に下る。














文挟に戻りました。


古賀志山麓の新住宅街




スマフォのOSM画面



GPS走行軌跡
2015-10-0hcyclingmp-640jepeg.jpg

以上です。紅葉には一寸早かった。84 km 走行。



スポンサーサイト
カテゴリ :日帰りサイクリング トラックバック(-) コメント(2)
タグ :

2015年10月25日古賀志山登山

 2015-10-26
登山仲間のNさんが朝突然古賀志山にハイキングに行こうと訪れてきた。

東稜北側尾根の登山口



いきなり急登。




やっと稜線




一休み、自撮り棒で。


中尾根の稜線が目の前に。



東稜と見晴台


南側尾根にトラバース


東稜の南側尾根を下ります。


日だまりで昼食、先日購入したJETBOIL初使用


あっと言うまに沸騰、コーヒーを飲む。


下山






快晴無風、快適ハイキングでした。



カテゴリ :登山及びウオーキング トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

通信圏外で使えるスマートフォンMAPアプリ

 2015-10-17
以前通信機能が無くても地図表示とGPSで現在地表示出来るAndroid「MAPS..ME」と言うアプリを紹介したが、最近同様のアプリ「OsmAnd」(Open street map for android)「オープンストリートマップ」を紹介します。詳細はこちら参照 http://qpropb.web.fc2.com/index.html 記事「OSM」と「GoogleMap」 PC用「OSM」  
(尚、MAPS MEの地図はOSMの地図を使用している)

Screenshot_2015-10-17-09-16-26-320.jpgScreenshot_2015-10-16-09-12-43-320.jpg

地図描写はMAPSE MEやGoogleMapより鮮明。各種設定項目が多く複雑。MAPS MEの方が単純。
走行軌跡と記録が取れる。MAPS MEは現在地表示のみ。
さらにナビゲーション機能が有る(MAPS MEには無い、Googlemapは通信環境で有る)
各検索機能はGoogleMapに劣る。但しGoogleMapを通信圏外で使うには事前に範囲指定でキャシュする必要がある。等高線描写は荒く登山には不向き、登山には「YAMAP」が一番。
「OsmAnd-Free」は無償。「OsmAnd+」は有償、機能は殆ど同じで若干制限項目の有り無し。
総じて素晴らしい地図アプリです。


カテゴリ :自転車旅の装備と準備全般 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

2015 年10月6日 古賀志山

 2015-10-07
久し振りに山仲間二人と古賀志山登山でした。



林道は崖崩れで車両通行不可能




林道の途中一休み


濁流で陥没、車が取り残されている




手岡峠の直下、林道終点。ここは以前自転車で来ている。


登り


鞍掛山から古賀志山への主稜線の中間点手岡峠


ここから登ったり下ったりが続く




休憩自撮り






日光方面側、沢沿い物凄い崩落跡




展望の良い主稜線




古賀志山の手前、富士見峠


自撮り棒で


ここから北コースを下ります。


濁流の爪跡、広河原。



濁流の爪痕




橋も決壊


駐車場に戻りました。


GPSの軌跡
2015-10-6-640.jpg


以上で一ヶ月前の集中豪雨の爪痕だらけの古賀志山山行でした。

カテゴリ :登山及びウオーキング トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

2015日本冒険フォーラム開催

 2015-10-01
植村直己の精神を伝える「2015日本冒険フォーラム」が11月22日(日)東京駿河台(お茶の水駅)明治大学で開催されます。
参加費無料、参加申し込みは「TEL」「FAX」「E-mail」「はがき」です。私は申し込みました。
是非参加しましょう。
(植村直己冒険館に2011年10月21日日本縦断自転車旅の途中立寄りました、私のどんぐりNo 01231)
冒険表 冒険裏

カテゴリ :未分類 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫