北海道自転車ツーリング日記 7月19日

 2010-08-02
7月19日(月) 小雨のち曇りのち小雨

今日も雨、少し様子見て8時出発。今日の予定は根室半島往復して「落石(おちいし)」の民宿へ。朝電話で宿泊予約する。
根室半島の入り口がこの大きな橋
10-7-hokaido-61.jpg

根室市までは小さなアップダウンがある国道44号線を行く。雨は次第に小振りになり,止んだ。根室市は意外と大きな街で昔はもっと人口も多く西の札幌、東の根室と言われたとか、それにしても坂の多い街だ。ここから根室半島を左回りで海沿いの道道35号線を行く、民宿のご主人のアドバイスは左周りの方が登りが少ないとの事。
根室駅、意外と小振りの駅
10-7-hokaido-62.jpg

有人駅としては日本最東端の駅
10-7-hokaido-63.jpg

長い下り坂、これが半島を左に回った方が良いと言うアドバイス
10-7-hokaido-64.jpg

荒涼とした原野の中を納沙布岬目指して
10-7-hokaido-65.jpg

これも日本最東端の小学校
10-7-hokaido-66.jpg

納沙布岬(のさっぷ岬)までは所々に漁村があり、根室―納沙布岬間バスはこちらの方を走っている。
根室市から長い下りで海岸沿いに出ると殆んど平坦な道になる。日本最東端の立派な小学校を過ぎると納沙布岬に到着。ここには何軒も海鮮食堂があり観光客で賑わっている。

10-7-hokaido-67.jpg

しかし一寸がっかり、納沙布岬の表示看板があちこちにある。
そこで少し離れた灯台に行くと、数人の海上保安庁の方々が出迎え。今日は年一度の灯台見学日との事。しかも私の写真まで灯台バックに撮ってくれた。
10-7-hokaido-68.jpg

灯台上から見る納沙布岬全景
10-7-hokaido-69.jpg

ラッキー早速灯台の中に入り展望する。遠くに霞んで水晶島の灯台が見える。しかしそこはロシヤ領。ポツダム宣言受諾を決定した後に旧ソ連が占拠した四島、未だ帰らず。根室に入ると「返せ北方領土」の大きな看板がいたる所にある。
ブログのアップロードをトライしたら復活、直っていた。ブログ途絶えている間、結構心配してメールをくれたり、電話が掛かってきたりで文明の利器も逆効果に成る。
丁度昼時、小さな食堂で名物「蟹どんぶり」を食べる。どんぶりご飯の上に蟹がてんこ盛り、これは美味しい。
10-7-hokaido-70.jpg

帰りはオホーツク海側沿いに根室に戻るが、こちらは殆んど漁村も無く、全く無人の荒涼とした原野。根室市から道道142号線で南下、太平洋側の「落石」に到着。朝予約した「民宿カジカ」は落石湾が一望できる高台の道路沿いに建つ。同宿者は東京からハーレーに乗って北海道旅行中の中年ライダー。
10-7-hokaido-71.jpg

本日走行81km
10-7-19-t-hokaido-kisek.jpg
10-7-19-hokaido-graoh-st.jpg
スポンサーサイト
カテゴリ :2010-7月北海道(道東一周) トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫