昨年の自転車旅ハイライト「親不知」

 2012-03-31
日本海沿い自転車旅のハイライトは何と言っても「親不知」の通過。多くの自転車旅人に恐れられている。私は2011年9月16日に北側から通過した。青海を過ぎてから始まる「子不知」の直線洞門は比較的順調に通過したが、もっとも怖いのはJR親不知駅を過ぎてから所謂「親不知」の天嶮トンネル手前のS字状にカーブしているきつい登り、しかも対向車が見えない、そして続く登りの洞門、登りの為走行がふらついて危険。おまけに後ろからの大型車の恐怖でついに歩いてしまった。
天険トンネルは旧道の迂回道が遊歩道で快適。ここを通過するとほぼ真直ぐな洞門の下りで比較的安全に一気に通過し市振に着いてホッとした。通過する前の恐怖も、通過してしまえば良い思い出になりました。
よってこの「親不知」通過は南側から直線の登りで、天険トンネル過ぎたら危険なS字カーブと洞門を一気に下れるので、こちらの方が安全見たいな気がします。
又、途中で南から通過した自転車旅の方は、朝の車両の少ない早い時間の通過で危険を感じ無かったそうだ。何れからの通過でも早朝が良い。私の通過は15時過ぎで大型車両が最も多い時間でした。

親不知の説明看板
oyasirazu_20120331104630.jpg

親不知の手前(北側)の子不知の洞門2号内
2011-09-16 13.49.42

親不知インター 北陸高速道と一般国道の交差 右下に旧道
2011-09-16 14.11.45

いよいよ親不知の核心部へ、遠く天険トンネル方向へ登り
CIMG1131-640_20120331104630.jpg

ズームアップ 天険トンネル迂回道の東屋が見える
CIMG1133-640_20120401103815.jpg

天険トンネルの入り口
2011-09-16 15.25.50

親不知観光ホテル この裏に迂回道
2011-09-16 15.26.04

天険遊歩道(旧道)のウェストン像
CIMG1135-640_20120331104629.jpg

天険遊歩道(旧道)から、登ってきた洞門を振り返る
2011-09-16 15.33.40

下を覗くと断崖絶壁、左上に天険遊歩道(旧道)
2011-09-16 15.33.20

天険遊歩道(旧道)を行く、平坦路で天険トンネルの南側に出る。
2011-09-16 15.32.30

そして旧道を造った当時の(明治時代)の記念碑(右から読む)
CIMG1143-640_20120401103815.jpg

「如砥如矢」
CIMG1144-640_20120401103815.jpg

初めて長期自転車旅する方へのアドバイス記事。こちら「HP・自転車旅道具」

「にほんブログ村」に参加しました。クリックして下さい、有難う御座います。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村
どちらか一方クリックで両方にカウントします。



スポンサーサイト
カテゴリ :2011年自転車旅の画像 トラックバック(-) コメント(2)
タグ :
コメント
ノッテいさん、丁度タイミング良かったですね。気お付けて通過して下さい。南側からの方が良いみたいです。
尚、市振りの道の駅「市振りの関」は24時間休憩のターミナルが有ります。ここに泊ると親不知は早朝通過出来ますね。
では良い旅を続けて下さい。
【2012/04/03 12:05】 | Wanderer Cyclist #- | [edit]
どーもですー!
もうすぐちょうど、親不知通る予定でしたのでなんとなく概要が掴めました!!
タイミング良く(笑)ありがとうございます♪
旅人から親不知は危ないからって聞いてたので不安やったんですよね(苦笑)
【2012/04/03 10:34】 | ノッテぃ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫