北海道横断自転車旅ー走行GPS軌跡と全体のまとめ。

 2012-07-03
830km走行GPS軌跡(青ー緑の色分けは一日の走行区分)
2012-6-hokaidou-640.jpg

赤い軌跡は2010年(7月道東一周ー納沙布岬と9月網走ー宗谷岬ー利尻島)及び2011年(7月札幌ー稚内ー礼文島ー旭川ー札幌)
今回の走行で過去の軌跡と全て繋がりました。
2010-11-12-hokaidou-all-640.jpg

①天候条件
前半は6日間は曇り、うち一日は終日雨風で停滞した。気温も異常に低く、寒くて雨具装着して走った。
後半は8日間晴れ又は快晴となり気温も上がり快適な走行でした。

②宿泊
初日は札幌旅館1泊、キャンプ場11泊、ライダーハウス1泊、道の駅のホテル宿泊設備1泊でした。
最も良かったキャンプ場ー屈斜路の「砂湯キャンプ場」、湖畔沿いで景色良くテント場も広い。トイレも最新洋式。土産物店とレストランもある。足湯が出来る。絶対にお勧めのキャンプ場。
一昨年も泊った「和琴半島キャンプ場」は今年はがっかりでした。釣やカヌーを楽しむオートキャンパーが多く、車も乗り入れて、良い場所にテント張られ占領されていた。トイレは和式。ここでのんびり一日停滞と思っていたが、居心地良くないので砂湯キャンプ場に移動した。
深川の「まあぶキャンプ場」や上富良野の「日の出公園キャンプ場」「かなやま湖キャンプ場」も施設は大変良い。トイレも最新洋式。何れも近くに温泉施設が有る。
網走の「呼人浦キャンプ場」は無料で網走湖畔で気持ち良い所でまずまず。池田の「まきばの家キャンプ場」は有料なのに管理棟なくTELしろという看板で不親切、展望なく良いとは言えない。しかし後日確認したところ管理棟は別の場所に有り、分かりませんでした、御免なさい。
今回是非泊りたかった「多和平キャンプ場」はテント場が全て緩斜面で平らな場所の選択が必要だったが、360度の地平線の景色は最高日本一の景観。これぞ北海道という所か。管理事務兼ねる「グリーンハウス多和」はレストランも有り。飲食には便利。
最終日は「シラルトロ茅沼キャンプ場」は宿泊温泉施設「憩いの家かや沼」に隣接、露天風呂で旅の疲れを取るのに良かった。

③道路事情
今回のルートは殆ど国道で決して走り易くは無かった。歩道もかなり荒れている。側道も狭く荒れていた。その中でも南富良野幾寅から狩勝峠の登りと峠から下って新得までの国道は快適に走れた。新得から帯広の市街地間は走りにくい。
最も印象的なのは陸別から道道51号で津別の手前の本岐までが殆ど民家も無く山間の静かな道、Docomの通信も不通、通行車両少なく自衛隊の車列位い。更に網走から濤沸湖沿いの直線道路は途中に「小清水原生花園」があり快適道でした。

④峠超えとアップダウン
札幌から旭川までは殆ど平坦地でしたが、美瑛からアップダウンが始まり深山峠を登り、下って上富良野。富良野からかなやま湖の南富良野まではルートによって異なるが今回は三カ所の峠登りできつかつた。
今回一番覚悟していた標高644mの「狩勝峠」は傾斜度低かったので意外と素直に登れた。逆に新得側から登ると標高差も有りかなりきつそうだ。
小清水から川湯の間に標高320mの「野上峠」は最初は緩斜面で余裕だったが次第にきつい斜度になり、ギブアップ寸前で峠に到着でした。
今回は峠とは別に「摩周湖」の登山をどうするか躊躇していたが。砂湯キャンプ場にテント荷物を置いてほぼ空身で挑戦した。登り傾斜の楽な「弟子屈」から登った。空身でもきつい登りで休み休み展望台にたどりついた。帰りはいろは坂の様な急傾斜一気に500m下って川湯温泉でした。
弟子屈から多和平らへは国道243号線で峠登り、ここは既に一昨年登っているので精神的に余裕でした。最後に「シラルトロ御から釧路までが意外とアップダウンと峠越えで苦労した。この国道391号線は逆に釧路からシラルトロ湖へ行く方も同じくてきつい。一昨年の道東一周旅は釧路から道道53号ー243号線コッタロ展望台経由で「シラルトロ茅沼キャンプ場」に入った(途中ダートあり歩いた)のでアップダウンはそんなにきつくなかった。

⑤最後に
今回の北海道横断旅の目的の一つに、富良野舞台のTVドラマ「北の国から」の撮影場所セットの家や、南富良野の映画「鉄道員」の舞台になった「幌舞駅」こと「幾寅駅」と「だるま食堂」などを見学出来た。
今回の旅から「ミニロースター」が大活躍でした。コンビニで「焼き鳥」「焼き肉用豚肉」「生シイタケ」「ウインナーソーセージ」など購入でキャンプ場での一杯が物凄く楽しみになった。
スマートフォンの電源はバッテリーを(エネループ三本持参)を帯広のライダーハウスと陸別の道の駅ホテルの二回充電したが、最終日には殆ど空に成ってぎりぎりセーフでした。次回はもっと大容量バッテリーを導入しよう。
参考ー北海道の通信はさすがDocomoでも山間部で不通になった。車旅の方はソフトバンクで殆ど市街地以外は通信出来ないと言っていた。北海道旅でソフトバンク通信は適さないらしい。

以下記事の日程順番を時系列に並び変えました。


「日本ブログ村」に参加しました。クリックして下さい、有り難う御座います。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村
どちらか一方クリックで両方にカウントします。



スポンサーサイト
カテゴリ :2012-6月北海道(札幌ー陸別)ー前篇 トラックバック(-) コメント(4)
タグ :
コメント
有り難うアルさん、帯広で会えなかったのは残念でしたが、ボトルケージの取り付けのHP記事入れましたよ.
【2012/07/04 20:00】 | 放浪の旅人 #jEosk51Y | [edit]
お疲れ様でした(Ω)ノ
そして完走おめでとうございます♪
参考にさせていただきます☆
【2012/07/04 19:52】 | アル #- | [edit]
あらいぐまさんコメント有難うございます。今年も北海道旅楽しみました。
北海道はどこも素晴らしいとは限りません、私のお薦めは道東地域
(釧路ー屈斜路湖ー中標津ー標津ー霧多布岬ー)
又、(留萌ーオロロンラインー稚内ー利尻島ー礼文島ー宗谷岬)等がお勧めです。
ぜひ北海道のサイクリングを計画して下さい。
とにかくキャンプ場はどこも500円以下かFreeです。温泉も一杯です。
【2012/07/03 19:45】 | 放浪の旅人 #- | [edit]
完走おめでとうございます!悪天候にたたられ大変だったと思いますが、
その分、観光の喜びもあったのではないでしょうか!
以前の2回と合わせ読んで、来るべき北海道挑戦の時の参考にさせてい
ただきます。
【2012/07/03 16:57】 | あらいぐま #W4F1A.Ps | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫