カメラ三脚を利用した自転車スタンドの考案

 2013-08-28
スタンドを付けていない自転車では何かに寄り掛かるか、段差にペダルを乗せて止めます。しかし何も無い道路上で自転車を入れた写真を撮ることが出来ません。そこで考案した「三脚自転車スタンド」です。
自転車旅で何時も持参している自分撮り用の軽量三脚「ベルボンキューブ」(さらに詳しくはこちらクリック)を利用してスタンドにしました。(注意ーセンター穴の有るクランクに限定)
作製した物
クランクセンター穴に入れるプラグ(有り合わせのアルミパイプにビニールテープ巻き付け)
三脚の頭部に高さ合わせの台座(ミノウラの自転車パーツの一部利用)
高さ調節は「プラグ」の外形と三脚台座の高さで調節します。
DSC_1249.jpg  DSC_1250.jpg
クランクのセンター穴にプラグ差し込み。三脚台座に載せる。但し自転車の右側のみです。
DSC_1251.jpg  DSC_1252.jpg
リャーバッグ装着したフル装備でも安定しています。何も無くても写真撮影出来る。
DSC_1253.jpg DSC_1243.jpg
〔写真クリックで拡大します)
スポンサーサイト
カテゴリ :自転車旅の装備と準備全般 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫