2016年4月20日 古賀志山登山

 2016-04-21

4月10日前回の「岩下道」探索の続きとして、山仲間のNさんにHさんも加わり行きました。



林道を暫く東に、途中から山道に入ります。



真直ぐのぼって。



突きあたりが「南稜ドーム壁」、登攀の残置ピン有るがあまり登られていないみたい。



東にトラバースすると「猪落」の岩稜、昔し二度程クライミングした事が有る。



洞窟内に光ゴケ。



ここから沢筋の岩場を登ります。



下を見ると左に「落猪」の岩稜



確りした固定ザイルを頼りに登ると。



見えました「対面岩」

通称「モアイ像」



今回の探索の第一目標でした。
20160420211623120.jpg

「対面岩」について(池田氏のブログより)
20160420211523382.jpg

もう一段固定ザイルの岩場を登って、
20160420211351139.jpg

後は左にトラバースして南稜を登る。
20160420211324977.jpg

対岸に「猪落」の岩稜
20160420211255565.jpg

稜線を登ると「古賀志山大神」の祠広場。最高の展望。20160420211208029.jpg

20160420211139589.jpg

20160420211059303.jpg

南稜は猪落稜と合流して御嶽山への主稜線に出る。
20160420211016305.jpg  

20160420210923443.jpg

二ヶ月ほど前に東京から登山に来たグループの女性がこの岩場から左側(南側)に転落死亡した。下に安全な巻道が有ったのに残念。落下した地点と思われる場所に花束が添えられていた。
20160420210900919.jpg

御嶽山直下
20160420210833980.jpg

久し振りの御嶽山
20160420210806710.jpg

20160420210730847.jpg

見晴らし最高。
20160420210642195.jpg

赤岩山
20160420210611250.jpg

滝コースの登山道を下って、
20160420210510093.jpg

「アルマヤ堂」
20160420210445530.jpg  

「アルマヤ堂」について(池田氏のブログより)
20160420210400596.jpg

20160420210340022.jpg

御嶽山直下の大岩壁、樹林で良く見えない。
20160420210314044.jpg

途中から雨乞岩目指して西へトラバース。
20160420210226773.jpg  

20160420210155431.jpg

この下に雨乞岩、ここの尾根が雄滝と雌滝の分水稜に成っている。
20160420210128843.jpg

昔し渇水に成った時、村人が雨乞いのお祈りをした場所。
20160420210058012.jpg

20160420210018515.jpg

雨乞岩の南に「中当山」。「中当山」につい(池田氏のブログより)
20160420205948415.jpg

ここから下へ明瞭な踏み跡が有り、雌滝方面に降りられるのか、次回探索。
20160420205927365.jpg

主稜線方向
20160420205851162.jpg

クライミング岩場地帯に戻りました。平日なのに大勢のクライマー。年配の女性が多い
20160420205810141.jpg

駐車場に戻りました。
20160420205642574.jpg

走破GPS軌跡
kogasitaimeniwa-640.jpg

「NPO法人ー古賀志山を守ろう会の地名板の設置図


ピンク塗りつぶしが前回の「岩下道」探索と今回の探索でチェックした場所。
次回は西側「大日窟」から大日山ー背中当ー中岩稜線へ。



スポンサーサイト
カテゴリ :登山及びウオーキング トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫