2010-5月22日 新白河ー二本松

 2010-06-03
「新白河」まで新幹線で行き、ここをスタートしました。今日の目的は阿武隈川沿いに全長32kmの「みちのく自転車道」です。
その後はやはり阿武隈川沿いの県道で「二本松」までのサイクリングでした。
帰りは郡山まで鈍行、郡山から新幹線でした。走行距離95km。
「新白河」の郊外でルートミスともう一ケ所行き過ぎて戻ったりで時間ロスしたが、変化に富んだ風光明媚なサイクリングでした。
GPS走行軌跡はこちら参照HP「サイクリング日記」

「新白河駅」に8時21分到着
FxCam_10-5-22-1.jpg

しばらく市内を走ると、こちらが本家のJR「白河駅」立派な駅舎、新幹線が出来る前はこちらが街の中心
FxCam_10-5-22-2.jpg

ここから北へ街道を走っていたら、いつの間にか南に走っている。気が付いて戻った。その後順調に予定した一般道で北上、とても静かな街道
FxCam_10-5-22-3.jpg

そしてJR「矢吹駅」ここでトイレ。
FxCam_10-5-22-4.jpg

ここから広域農道で「乙字大橋」に到着、向こうの赤い橋の右に「みちのく自転車道」の始まり。
FxCam_10-5-22-5.jpg

「乙字大橋」の方向を見る
FxCam_10-5-22-6.jpg

いよいよ「みちのく自転車道」の入り口、ここに「芭蕉」句碑のある公園がある。
FxCam_10-5-22-7.jpg

「みちのく自転車道」の案内板、この自転車道は立派な県道扱いに成っているとか。
FxCam_10-5-22-8.jpg

そして直ぐ下には「乙字ケ滝」川幅一杯に豪快な滝
FxCam_10-5-22-9.jpg

いやいや快適な自転車道の始まり
FxCam_10-5-22-10.jpg

途中の休憩場で腹ごしらえ。
FxCam_10-5-22-11.jpg

堰堤工事中、迂回して自転車道に戻った所
FxCam_10-5-22-12.jpg

自転車道は道幅がいろいろ、ここは広い。
FxCam_10-5-22-13.jpg

一寸荒れた路面、遠くに安達太良山
FxCam_10-5-22-14.jpg

あれ、何時の間にか田んぼの中の農道、どこかで間違えたのか、でもちゃんと堰堤の自転車道に繋がっていました
FxCam_10-5-22-15.jpg

ここで左岸に渡ります
FxCam_10-5-22-16.jpg

郡山の手前、支流の川を渡る自転車道専用の橋、遠くに新幹線
FxCam_10-5-22-17.jpg

郡山、磐越東線の鉄橋の下、ここで二回目の昼食
FxCam_10-5-22-18.jpg

ななんと、四車線の自転車道、でも直ぐに元に戻る
FxCam_10-5-22-19.jpg

そろそろ終点か
FxCam_10-5-22-20.jpg

最後は、一般道の歩道になるが、ちゃんと自転車道の看板標識
FxCam_10-5-22-21.jpg

そして自転車道の終点「小和滝橋」この橋を右岸に渡ってコンビニ、ここで水分補給。
FxCam_10-5-22-22.jpg

ここから阿武隈川右岸沿いに、県道73号線(二本松金屋線)で北上。
FxCam_10-5-22-23.jpg

県道はすぐに「阿武隈川」沿いになる。
FxCam_10-5-22-24.jpg

道幅は狭くなり、自転車道の続きのようだ。
FxCam_10-5-22-25.jpg

智恵子さんの「安達太良山」が近い。

あどけない話

智恵子は東京に空がないと言ふ、
ほんとの空が見たいと言ふ。
私は驚いて空を見る。
桜若葉の間に在るのは、
切つても切れない
むかしなじみのきれいな空だ。
どんよりけむる地平のぼかしは
うすもも色の朝のしめりだ。
智恵子は遠くを見ながら言ふ。
阿多多羅山の上に
毎日出てゐる青い空が
智恵子のほんとの空だといふ。
あどけない空の話である。
FxCam_10-5-22-26.jpg

二本松が近くなり、左岸に橋を渡って一山超えると二本松市街に入った。
FxCam_10-5-22-27.jpg

「二本松駅」に到着。PM4時55分。
FxCam_10-5-22-28.jpg

鈍行で「郡山」へ、郡山から新幹線で無事帰りました。
FxCam_10-5-22-29.jpg

次回輪行は、二本松をスタートして福島ー仙台を予定(一泊かな)
             TOPページはこちらクリック
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://qproadvance.blog53.fc2.com/tb.php/73-48a04fc6

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫