DAHON-DashAltenaとKONA-Sutraのギヤートレイン比較

 2018-04-12

小径自転車は700Cロードバイクと走りを比較すると何かと劣ると言われています。そこでギヤートレインでクランク一回転当たりの直進距離を所有しているバイクで比較して見ました。

700Cロードバイク(KONA-Sutraツーリング仕様)タイヤ直径実測680mm
 フロントギヤー28/36/48   リヤーギヤー11-34  πD=213mm
   トップギヤーでの一回転直進距離  F=48/R=11×213=9m29cm
     ローギヤーでの一回転直進距離     F=28/R=34×213=1m75cm

DAHON DashAltena  タイヤ直径実測500mm πD=157mm
オリジナル仕様 フロントギヤー53/39  リヤーギヤー11-32
   トップギヤーでの一回転直進距離 F=53/R=11×157=7m56cm
   ローギヤーでの一回転直進距離  F=39/R=32×157=1m91cm

改装仕様 フロンギヤート50/34  リヤーギヤー11-34
   トップギヤーでの一回転直進距離 F=50/R=11×157=7m13cm
   ローギヤーでの一回転直進距離  F=34/R=34×157=1m57cm

結果トップスビートではかなり劣るが、ローギヤでは殆んど差がない、特にフロントクランク改装後はDashAltenaの方が直進距離が短いため坂登ではやや軽くなる。実際同じ坂道を登る比較をしたら若干軽かった。


フロントクランク改装前53-39と後50-34。

リヤーカセット改装前11-32

       改装後11-34  

  

尚、タイヤサイズもオリジナルの28mm巾から25mm巾スリックタイヤに履き替えたので走りもさらに軽くなった。

  

25mm
スポンサーサイト
カテゴリ :DAHON DashAltena トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫